B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

光をみつめる  

※震災関連の情報は通常記事の下に記しています。


結局、昨日のウィルス騒動はいろいろ検査したところ
ウィルス感染ではなくフィッシングサイトに飛ばされただけってことで
難無きを得ました。ε=(。・д・。)
実際に飛ばされてみると、あれは見分けつきませんよ、ホント。
個人情報の入力画面が出て来なかったら疑わなかったもんン。。。。
皆さんもお気をつけて~!


社長の誕生日を挟んでちょっと忙しい日が続いてますが
家の中でふっとひと息ついた時に
時々こんな光景が目に入ります。

シルエット

光線の加減でできる影絵。
発信元はこちら。

シルエット

タイの一般的な家では窓やドアなどの出入り口に鉄格子が嵌めてあります。
勿論防犯のため。
この鉄格子、それぞれの家で趣向を凝らしたデザインになっていて、
更に網戸も貼ってあるスグレもの。
ウチの場合ほぼ窓は開けっぱなしで風の通りを良くしてあるので
日の差し具合でこんな影絵があちこちに出現♪
額装の絵みたいでいいアクセントになって結構お気に入り。



今日、送られてきた震災関連の情報リンクにこんな記事が。
東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動 : 緊急告知

今日20日午後5時をもって原発20km圏内が警戒区域に指定され事実上立ち入り禁止になるので
ペットを現地に置いたままの飼い主は保護を
動物ボランティアは当該地区の犬猫の捕獲保護を
またこの事実を緊急拡散して欲しい! との内容。

まずはこの警戒区域指定に驚いてニュースソースを
探してみたけれど明確な情報が得られない。
記事内のコメントでも情報ソースの明示を!との声もあったが
貼られた記事(原発20キロ以内を「警戒区域」へ 法的に立ち入り制限 : 朝日新聞)
には先に書かれた時刻などは記されておらず。
海外に居る身では何処までの状態なのかがつかめない。。。

一匹でも多くの命を助けて欲しい!
そう思う反面、動物ボランティア団体に対して
どう支持していいのか判断しかねているのも確か。
情報を伝達するにはそれなりに責任があるわけで
情だけで動いてはいけない。
それが善意であっても。
不用意に拡散して混乱を招けば逆の結果を招くことになりかねない。

放置動物

【東日本大震災】No.57 取り残されたペットたち 原発から20キロ圏内、「花子」は救出されたが・・・
  産経ニュースより
放置動物
なぜかシェルティーの群れ。
ブリーダーが放棄していったのでしょうか…?


捨てられる命、救助の眼がむけられる命
それぞれに事情や背景があり…


報道番組の画像ではなく、個人の動画
人恋しげに寄ってくる犬達が切ないです。。。。。


今現在この警戒区域指定が執行されたのかわからないのだけど
同時に得た情報では執行されたその後で希望する住民に一時帰宅の機会を設ける
との条件もあった。
先の団体のコメント欄にもう2度と立ち入り出来なくなる!
彎曲して捉えてる人が多くいたのも気になる。
衝撃的な側面にとらわれて浮き足だたないようにお願いしたい。

冷静に情報を見つめて正しい目的のために
どう動くのが効率的なのか

それがこの災害を通してわたしが学んだこと。

ずっと現状を見つめています。
遠く離れて とても もどかしいけれども。

遠く想う





USTREAM rfcラジオ福島震災特別番組 被災地からの生の声に耳を傾けてください。
アクセス出来ない場合こちらからも聴くことができます。http://live-now.jp/viewer/ustream/7545471/
 ※残念なことに政府発表で民放ラジオは災害放送から外されたそうです。(怒)
  時間未定ですがまだ一部時間帯で聴くことができます。
  正確な情報を内外に、その一貫した姿勢に頭が下がります。頑張れラジオ福島!
ラジオ福島HP内でも有益な情報が公開されています。
http://www.rfc.co.jp/
被災ペットの情報もこちらで確認・共有できます。
アニマル探偵局バナー

東北地方太平洋沖地震の復興支援のため、震災後の家屋の所有権の問題、職場で休業を余儀なくされた際の給与の支払い及び受け取り、また運転免許の更新期限の延長など、資産・仕事・学業・生活保障等を中心に震災被害に対応する法律情報の提供しています。
弁護士ドットコム『法律Q&A~震災編~』

行政単位・自治体単位での支援物資送付を難しいと感じている方
個人to個人の支援物資をつなぐパイプとなるサイトがあります。
※1.無駄が出ないよう物資を送る前に必ず現在の受付品目を確認してください。
※2.サイトのリンク先から商品を購入する場合、アフィリエイトとして一部サイトオーナーの利益となります。
その収益も寄付とされてるようですが、もしも気になる方はお手持ちの物資を送る手段としてご利用になることをお勧めします。
お願いタイガー!災害版

ペットと離れずに人もペットも安全に避難できるように。
こういう署名運動が始まっています。

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、
愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』


ふわころ本舗さ
のところで素敵な企画の紹介がありました!
新潟県上越市のユートピアくびき「希望館」に原発事故により南相馬市から多くの方が避難されています。
ゆたかさんが応援メッセージを募集して、それを「希望館」に届けていらっしゃいます。
先日2冊目のファイルが「希望館」の皆さんに届けられました。
以降もメッセージは順次送っていただけるそうなのでぜひ言葉の応援を送ってください!
ゆたかの眼
フォトメッセージの募集も開始されました!
元気のでる画像にメッセージをこめて送ってください!
http://hoshiyutaka2.blog6.fc2.com/blog-category-31.html

東北地方太平洋沖地震災害関連記事(随時更新中)
安否確認・災害最新情報
募金・支援・避難対策
いずれも状況に合わせて更新されている可能性がありますので最新情報をご確認願います。

全国社会福祉協議会・全国ボランティア・市民活動振興センターより、災害ボランティア関係情報を掲載しています。
ボランティア希望する方はご一読願います。
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報



確かな想いを届けるために
押すべし、押すべし、押すべし!!

押すのだ


元気がみなさんに届くように、いつものとおりランキング参加します

にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

人気ブログバナー

ありがとうございます








関連記事

Posted on 21:27 [edit]

category: おやじ猫社長のこと

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

tb: 0   cm: 4

コメント

避難を指示されたとて「すぐに帰れる」と思った時点で
飼い主はダメと思ってます。そういう関係だったのだと

我が家の近所には凄まじい環境で飼われてる犬が多い
そういう感じと思います 飼い主のスタンスは
勿論ペットに罪は無い。けど飼い主の判断のぬるさから
愛されてるにしても扱いは悪かっただろう 外に繋いでるもの

事情判らん けど胸くそ悪い。 胸くそ悪い 
見てるだけ辛いだけ 歯がゆいね

URL | くろはち #-
2011/04/20 22:15 | edit

ほんとに歯がゆい・・・
ダメだ、こーゆーの泣けてくる
家庭で飼われていたペット達がいきなり放り出されている現状は
直視できない程悲惨な環境下にあるんだと思います
人恋しそうにすり寄って来るワンコ・・・
お腹すいただろーに・・・。
某会社さんの支援でワンコ関係の救済に協力させて頂いていますが
それは保護できたワンコのみなんですよねぇ・・・
避難勧告でペットを置いてきてしまった件については、
厳しいようですがワタシもくろはちさんと同意見です。
それで避難所から追い出される羽目になろうが、車中なりで暮らしす覚悟ですかねぇ~。オトン曰く、年老いたお婆さんと両親を置いてでもワンコとるらしいです^^;それは、それでどうかと思われますが
当家の優先順位らしいです^^;
愛情ももちろんですが、責任だと言っております。
両親達は助けはお互いにできるし、人間なのでそれなりの優遇があるから・・・
という判断らしいのですよ
ペットは飼い主が見捨てればそれで終わりなんですよね

URL | オカン #sSHoJftA
2011/04/21 01:20 | edit

くろはち 様

警戒区域指定決定になりましたね。。。

勇み足の動物保護団体、放置して諦めた飼い主
誰でもいいから助けられる命を助けて!と思うけれど
例え助けられたとしてその後は…
収拾保護しきれない数の動物たち
避難所暮らしの飼い主は引き取るのか
被ばく地の動物ということで里親は見つかるのだろうか
パンクする構図が目に見えるだけに
…胸くそ悪いです。。。。

URL | mam #-
2011/04/21 16:21 | edit

オカン 様

実際に今日昼のNHKラジオで警戒区域指定が決定とのニュース
流れていた情報よりは時間の猶予が出来たものの。。。。

さすがオトンさん!
そう、わたし達飼い主は彼らと暮す以上覚悟がいります。
ぬるい飼い主でも最後のチャンス
後悔する前に引き取りに行って欲しい。
そう思うわたしもぬるいですが。。。
このまま生殺しは切なすぎる。
ずっと感じてることなんですが
避難所の人達には伝わってたんでしょうか
いろんな情報。
勧告があるって話は行ってたらしいですけど
後方支援の声ってどこまで伝わってたんだろう。
感覚のあまい飼い主でも切迫感が伝われば
意識ってかわらないのかな。
WEBやツイッターで情報は走ってるけど
その割に現地の反応がとても鈍い気がしてます。
現地に居ないわたしたちに出来るのは情報の共有
なのにそれにあまり意味がないのだとしたら…
ずっと抱いてる無力感です。

URL | mam #-
2011/04/21 16:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/111-be97e7b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。