B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今宵ヘソ天で  

10年前の夏、社長が我が家にやってきました。
初めての出逢いは近所のペットショップのガラス越しでした。
ちっちゃいワンコやちっちゃいニャンコが盛り沢山のショーケースの中、
「チンチラ 男の子 ●●万円」「チワワ 女の子 ●●万円」等と書かれた張り紙のうち
社長の張り紙だけこう書いてありました。
「ご希望の方、差上げます。」


当時、母国ではない日本で仕事や人間関係で悩んでいたぱぱぁ
精神的に結構辛い時期でした。
もともと動物好きだったのでペットショップはそんなぱぱぁの憩いの場所でもありよく散歩代わりに覗きに行ったものでした。
ガラス越しにこちらをまっすぐ見つめてくる社長にぱぱぁは一目ぼれ。


でも、通常10数万円はするアメショがなぜ?
小さく書き添えられた社長のプロフィールに生後4カ月との表示をみて、
あぁ、売れ残ったまま育ち過ぎたのね、と勝手に納得して店員さんに引き取りたい旨申し出ました。
ぱぱぁはもう手放す気まったくありませんでしたし、気がついたらわたしも(笑)

ご飯のメーカー指定と与え方を教えられ、トイレの躾は済んでること、血統書は後から送付しますとの説明を受けてケージ代わりの小さな段ボールに入れられた社長を受け取りました。
予防接種やら健康診断のこともあったのでかかりつけかお勧めの獣医さんを紹介してほしいと頼みましたが、なぜだかすっきり教えてもらえませんでした。

後日、予防接種に行った病院で検査してもらったところ顎の骨が若干ズレていて咬み合わせが悪いのと股関節がこちらもほんの少し歪んでるので例えばキャットショーなどでは評価が低くなるけれど生活していく上では全く支障が無いとのことでした。
純血種を飼うのは初めてでしたがアメショではなく社長と暮していくつもりだったので健康のお墨付きを貰っただけで十分安心できました。


しっぽ


実は社長のしっぽ、今より2,3㎝ほど長かったんです。

社長が4歳の時でした。
買い物から帰宅するとベランダのガラス戸が細く開き、部屋の中が荒らされ、ガラス戸周辺に小さく血痕が飛び散っていました。
何が起きたのかわからず頭の中が真っ白になりながら社長を探しました。
台所の奥の冷蔵庫の陰に怯えた社長が隠れていました。
うっかり鍵を閉め忘れたベランダから、同じ階のベランダに放されていたよそのお宅の大柄な猫が無理やりガラス戸を開けて侵入し社長を襲っていったのです。
重たいガラス戸を社長が開けたこともなく油断していました。

折悪くかかりつけの先生が連休中で急いでネットで近くの獣医を探し社長を連れて行きました。
幸い大きな怪我にはいたりませんでしたが、感染症が心配だったのと…。
ずっと完全室内飼いで去勢していなかったのですが、万が一を考えて去勢もお願いするつもりでした。
この時の治療については…また、長くなるので別の機会に書くことにします。

検査の結果、感染症にはかかっていませんでしたが…。
今まで殆ど他の猫と接触もなく、いきなり降りかかった恐ろしい体験からもの凄いストレスを抱えてしまったのです。
物音に怯え、どんな些細なことにも神経質に反応し、自分を落ち着かせるためにしっぽの先を咬んで、舐めて。
毛が抜け、むき出しになった地肌はびらんをおこし、壊疽をおこし。
最後には壊疽をおこした部分がミイラ化してもげ落ちてしまいました。

傷が治った頃、社長もやっと落ち着いて。
けれど、以前の天真爛漫さには小さな影が落ちました。

決していい飼い主ではなく、反省と後悔の繰り返しです。
本当にうちに来て幸せだったの?と問いかける繰り返し。
ただ出来ることは、最後まで一緒に居てあげることだけ。

ブラシ


先日、とあるブログでアメショの仔猫が20数匹山中に遺棄されていたとのニュースが記されていました。
ブームに陰りがでたことで流通の途中で売れ残ったのを処分したと云った内容でした。
通常の個体としては何も問題無いのに利益が上がらないからとの理由で。
憤りとともに、社長を引き取った時のことを思い出しました。

わたしたちには何の問題にも感じなかったことが商品とした場合欠陥品扱いになっていたのでしょうか?
記事の中には最悪殺処分にされる例も少なくないとの記述がありました。
甘えて、拗ねて、もりもりご飯を食べて、そばで丸くなってくれて。
そんな小さな命でいてくれるだけでは駄目なんですか?

あの時差上げます。の張り紙があっただけ社長は幸運だったのでしょうか。。。。
とても胸が痛みます。

ヘソ天



前回、犬の放し飼いについて話題にしましたが。
地域猫のボランティアさんたちが頭を悩ませている放し飼いの猫。
野良猫・捨て猫を避妊手術してリリースし地域猫として受け入れてもらう努力。
けれど首輪もなしの実質放し飼いの猫の存在がその作業を難しくしているそうです。
飼い猫をうかつに避妊手術させるわけにもいかず…
(野良猫の捕獲時にはその旨告知して住民に協力を願うそうですが、中には只で手術してもらえると意図的に放し飼いにしてるとんでもない飼い主もいるとか)

おそらくは犬よりも放し飼い率が高い猫。
そして、ある意味犬よりも行動可能範囲が広い猫(高い低い狭いはノープロブレム)。
中途半端に制御できないぶん、出入り自由にするか、完全に室内だけにするか大きくわかれるところだと思います。
地域によってはおおらかに受け入れてくれるところもあるでしょう。
わたしも一概に猫の放し飼いを否定できません。
街かどでのんびり日向ぼっこをしている猫をみれば気持ちがほっこりしますもん。
むしろ、猫一匹みかけない街ってどうなんだろうとも思うし。

けれど、でも。
むやみに放し飼いにする前に猫の行動についてよく知って下さい。
オシッコ…かなり臭いです。
爪とぎ、柱や壁の傷困りますよね。
盛りの鳴き声、夜にこれは眠れません。

もともと猫って警戒心の強い動物なので、先のような無防備になる行動は見知らぬ人間のそばではすることは少ないと思います。
けれど、密集した住宅街であったり集合住宅であったりしたら隠れてする場所もなくどうしても人間の居住エリアで、となってしまうでしょう。

わたしたち猫の飼い主の多くはこれらを受け入れられますが、全てのヒトがそうではありません。
アレルギーを持つ人もいます。
小さな赤ん坊のいるお宅もあります。
猫に恐怖心をもつ人もいます。
社長のように猫社会を知らない猫がいる家も。

お願いがあります。
猫が他のお宅に侵入してしまう、集合住宅で行動範囲に窓やドアしかない、そういう環境での放し飼いは避けてください。
ベランダから侵入した猫は、5階ということもあって横移動で他に行きようもないからとベランダに放し飼いにしていたようです。
部屋に閉じ込めていては可愛そうといった思いが、別の家の猫にケガをさせる結果になったのです。
これがもしも人間の赤ちゃんだったら、もっと大事になってたはず。
そして…自由奔放にふるまう猫に腹を立てた人間に…後悔しても遅い結果が起らないとも限らないのです。


本当は猫も犬ものんびりヒトの傍らで自由に暮らせる…そんな環境だといいのにと思います。
わたしが子供の頃、昭和40年代はもっとおおらかにいたように思います。
けれど、ヒトだけでもいっぱい、現実には難しい時代です。
時代に環境に合わせていくことも、この小さな愛しい命と生きていくために必要なのだと思います。


他にももっともっと伝えたいことがあるのですが…
折りにふれ、少しずつ。。。。

今日もかたわらでヘソ天ぴすぴすの社長に訊きます。
ゆっくり眠れてるかい?

目覚め





~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


引き続き里親募集です!





たくさんの命をつないできたドナー猫達に安らげる家庭を探しています。
ちゃん君♂の家がまだ見つかっていません。
どうか宜しくお願いいたします。

追記-良い御縁が見つかりそうです。もう一息!

もう一件お願いがあります。


世田谷猫虐待 
世田谷区で残忍な事件が起きています。
情報とご協力をお願いいたします。
詳しくはこちらでご覧下さい。





ランキング参加ちう
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ぽちっとしていただけるお気持ちに大感謝♪
関連記事

Posted on 23:28 [edit]

category: おやじ猫社長のこと

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

コメント

社長と赤い糸が繋がってて本当に良かった
先代の子をなくしてからペットロスになり
どうしても先代猫を同じ毛長の男の子が欲しくて
ペットショップめぐりしてました
その時は保健所に問い合わせるのが怖かったんです
一匹は連れてこれるけど、他の子がもしいたら
毎晩思い出すんじゃないかっていうのがあって・・・

でもこの子達と暮らすうちにペットショップの事
殺処分の事が分かってきて、もし次迎えるなら
ペットショップからはやめようと思うようになりました

その他にも法改正の事にも興味というか
小さくてもやらなくちゃいけない事は沢山あると分かるようになって
微力ながら、署名や、毛皮買わないとか自分に出来る事やってみるようになりました

不幸な子が本当に居なくなって欲しいですよね


ドナーの子、今ご縁が結ばれるかもしれないそうです
進展あったら連絡にきますね

URL | ミミココ #-
2011/03/07 00:00 | edit

ああ・・・・こわかったね~(TT
社長、元気になったからよかったものの・・・
考えただけで寒気が・・・ブルブル
しっぽ、大変だったね。
生体展示販売してること自体がワタシは許せないのだけど、
こういう、大きくなっちゃったから貰ってください・・・ってケースは、まだましなほう。
ちゃんとへそ天できるおうちにいけてよかったね!
中には大きくなっちゃって保健所に持ち込んでる業者もいるのだもの。

みんなホントに安心して暮らせるようになってほしいよ。
どの子も幸せになってほしい・・・

URL | anemone #0XD2YVB.
2011/03/07 07:43 | edit

ミミココ 様

社長との赤い糸はそうとう図太かったようです(^^;)
またの記事になりますが。。。

いろいろ知らなかったことが多くて、今更ですが驚いています。
日本に居たころは社長との平和な日々が当たり前で、外でどんなことが起っているのか、裏にどんな事情が含まれているのか考えることがホント無かった。。。。

ドナー猫、進展気にかけてました。
毎回記事UPするのにリンク内容確認のため見に行ってましたが、ホッとしてます。
このままうまく決まってくれることを心から祈ってます!

URL | mam #-
2011/03/07 10:10 | edit

ane さま

ペットショップ経由は社長が初めてだったので、その裏の事情って考えたこともありませんでした。(-_-;)
つい《猫+自分ち》の狭いくくりの中で考えがち。
またの記事になりますが、ペット業界に限らず「生命」の前に己の利益を優先させる人間に吐き気を覚えます!

うちにくる無宿猫もおそらくは昔飼い猫だったよう。
ご飯をせがみに来る時はあげるようにしてますが、全部の責任は取ってあげられない。。。。
いろんなことに思いを巡らすと難しいことばかり。
願うことは皆安心してのんびり幸せに暮せることだけなのですけれど。

URL | mam #-
2011/03/07 10:40 | edit

社長はよいご縁があってホントに良かった 幸せな子だとおもいますよ

先日2回目のワクチン接種でお店へ行ったのですが(お店に獣医さんが往診というスタイル)
うちの子を引き取りにいったときにいたスコの男の子がまだケージにいました
4ヶ月・・・
やっぱりちょっと大きく見えました
なんだか胸が痛みました 

猫が捨てられていた事件もショックでした

ブログを通じていろいろ知ることになって、辛いときもありますけど
出来ることからと思ってます

不幸な猫たちが少しでも救われる明日になるように
人がしっかりしないとですね

URL | ねこ吉 #-
2011/03/07 19:56 | edit

社長さんは日本出身だったのですね!!
ぱぱぁさんも日本にいらっしゃったのですね。
うちの鍋ヲも日本に住んでいた時は…色々ストレスが溜まったようで、カナダに帰って犬と暮らす事だけど心の糧に(笑)していました。

猫を外飼いするか内飼いにするか…難しいところですよね、、、
自然に任せる=避妊も去勢もしない、外を自由に歩かせてあげる。

…分かる気がするのですが、それじゃーあなたの猫が外で作った子猫達もその後責任持ってお世話できるのでしょうか…?と思ったりも…。

わが家にはアスファルトの裏庭があって、鍋ヲが家庭菜園とか言って大きな入れ物を作り、土を入れて、小さな家庭菜園をしていたのですが、近所の飼い猫ちゃんのトイレになってしまいました。泣)
毎朝+毎夕そこにはう○ちとおしっこもされていて、、、
飼い主は絶対知らないんだろうな~…と。

鍋ヲの実家では以前猫を飼っていたのですが、突然亡くなりました。
この子は朝ご飯を食べて、外に行くのですが、どうやらご近所さんのおうちにお邪魔して、色々食べ物を貰っていたらしいのです、、、(ご近所さんは猫の事を知らないので、人間の食べ物を与えていたようです)
結局それで色んな猫には悪いものが蓄積されて、最終的に病死してしまいました、、、

社長、、、かわいそうに…。
トラウマになってしまったのですね(→㉨←)
鍵を閉め忘れていたとは言え、まさか他の猫が開けて侵入してくるとは思いもしませんよね…。
でも、大事に至らなくて本当に良かったです。
こうして腹天でのんびりくつろげるのもmamさんご夫婦と暮らしているからですね☆

URL | 鍋コ。 #-
2011/03/07 20:52 | edit

ねこ吉 様

ありがとうございます。
本猫もそう思ってくれてると嬉しいけど(^^;)

辛い内容の事件などに触れることも多いけれど、
ブログをはじめて猫への愛情を共有できるいろんな方達と知り合え
世界が広がったこと…良かったと思っています。
日本と違う環境で心細く思うときも
とても励みになっています。

難しいことが多くてすぐには解決出来ないことばかりだけど、
ホント自分に出来ることから…頑張りましょう。

URL | mam #-
2011/03/07 22:25 | edit

鍋コ 様

はい、ちゃきちゃきの日本男子です(爆)
どこだかの統計で女性より男性の方が環境変化に対する耐性が低いってありました。(笑)
日本に慣れるまでも大変だったけど、14年ぶりにタイに帰国したら今度はカルチャーショックをおこしてる変な帰国子女(男ですが)になっちゃってます。

猫って決まったところ(身の安全が確保できるところがベスト)に排泄をする習性があるから、ちょうど良い按配だったんでしょうね。
飼い主にしてみればトイレの掃除が楽でいいくらいにしか思ってないんでしょうし。。。。
災難ですね。

外の世界、飼い主の目の届かないところは危険がいっぱいなのは犬ばかりじゃないんですよね。
まして悪意があってあげてた訳じゃないのが辛いですね。。。。。

URL | mam #-
2011/03/07 22:51 | edit

社長元気になって良かったですね。
ショップ等で精神的にまいっちゃう仔も多いみたいですね。
日本ではペットの生体が夜の深夜まで売られています・・・ガラス張りのショーケースに深夜の2時ぐらいまで・・・
そんな現状です。そして、酔った客がウィンドウ越しにドンドン叩くのですよ;
その映像見て泣けました・・・

うちの駐車場で産まれた子猫達は、近所(といっても結構遠いけど)に引き取っていただきましたよ^^
ものすごい猫好きさんがいるのですよ・・・
何処からか聞いてきたらしく、申し出されたので快くお願いしました。
まだ目が見えない状態なので母共々そちら様へ
実は、母はそこの家の仔ではないか?という話でもあったのですけどね
さすがに、チビすぎて写真のフラッシュはまずいだろーから、写真はとりませんでした
でも、、、いったい何匹飼ってるの?ってウチが言うのもヘンですけど・・・

URL | オカン #sSHoJftA
2011/03/08 02:10 | edit

オカン 様

ありがとうございます。
かつては、明らかに管理状態が悪くてケージの中のペットシーツが不潔で軟便がそのままだったり生気がなくぐったりしている仔たちを平気でショーケースに展示してるショップなんかもってのほかと思っていましたが、まだまだその先にある現実を知れば知るほど許せない気持ちになります。

お母さんも一緒に引き取られたんですね、良かったです!
離乳前だったら今後の健康のこともあるし。
そんなにいっぱい飼ってらっしゃるお宅なんですか?
でも、オカンさんが安心して預けられたんならきっとしっかりお世話してくれることでしょう♪
チビちゃん達一家がどうかずっと幸せでありますように!

URL | mam #-
2011/03/08 12:10 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/69-6561bcd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。