B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

風の向くまま珍道中。クラビー 虎の穴篇  

はーい、ではクラビ旅行の続きをば。

閑散としたスーサーン・ホイสุสานหอยを後にして、さて次はどこへ行こう。

次の目的地を相談している間、車窓の右や左に広がるのはパーム椰子農園。
食用油としてはもちろん、用途が広くタイの乗用車のバイオディーゼル燃料としても使われてます。

パーム椰子農園

折よく通りかかったパーム椰子の実を積んだトラック↓

パーム椰子を積んだトラック

主に亜熱帯が生産地帯となるこのパーム椰子、この記事を書くにあたって初めて知ったのですが
環境問題として注目されているらしいですね。
パーム椰子そのものには何の罪もないのですが
植栽するにあたっての山林伐採による環境破壊、農園主と労働従事者の間の格差など。。。
一部でパーム椰子製品の不買運動などが行われているようですが
こちらでの生活に広く利用されているパーム椰子は、無くなっても困るもの。
難しいものですね。。。



さて、タイ人ならやっぱりお寺は外せないだろうと
次に向かったのはワット・タムスアวัดถ้ำเสือ=虎の洞窟寺

ワット・タムスア

着いたそうそう縁起が付いたぱぱぁ(笑)

ワット・タムスア

気を取り直して境内をまわります。

ワット・タムスア

このお寺はその名の通り、昔虎が棲む洞窟に建てたお寺でいたるところに虎のモニュメントがあり
また本堂の中にはかつて虎の棲家だった小さな洞窟があって
ローイタオ・スアรอยเท้าเสือ=虎の足跡が遺されているらしいのだけど…

ワットタムスア

ワットタムスア

ワットタムスア

どこなのかわかんな~い(^ ^;)

ワットタムスア

傍らに安置された翡翠の仏像にお参りして
今度は仏像鑑賞へと参りましょうか。



日本人にも馴染みの深い観音様。

ワットタムスア

ワットタムスア

ワットタムスア

容姿と表情からしてヒンズー系の神様みたい。
ここのお寺の仏様たちは(こんなことを言ったら不敬だって怒られちゃうかもしれないけど)
みんなそこはかとなく色気があってわたし的には好きだわぁ♪


洞窟を利用して建てたこのお寺の後ろにはちょっとした山がそびえてまして
自然公園としての遊歩道と頂上にある仏足石へ参詣するための参道が造られています。

まずは足慣らしでこちらの遊歩道に挑戦。

ワットタムスア

サル君達に見送られながら足場の急な階段をえっちらおっちら。
高さ的に50段ほど登った休憩のための東屋ですでに息があがり膝が笑う…
その先はいったん下りになっていてぱぱぁは更に進もうと云うのですが、
下りがあれば上りもあるわけで、上りがあれば……
戻ってくることを考えたらやっぱりキツイ。無理っ。
早々にもと来た道を降ります。

ワットタムスア この傾斜っすよ(T▽T)

何とか無事に下界に降りてきたものの
自称タフガイぱぱぁは物足りない様子。
もう一方の参道を登ろうと誘いますがわたしは断固拒否。
なぜって?

ワットタムスア

ワットタムスア

いちおうね、オノレをよく知ってますんでね。無理なものは無理!
そんなわたしを鼻で笑ってぱぱぁ1人で極楽浄土参道の階段を登っていきましたよ。

ワットタムスア



ぱぱぁを待ってる間にカメラ片手にあちらでパチリ、こちらでパチリ♪

ワット・タムスア

自分の誕生日の仏像に小銭を入れるとありがたいお経が流れてくる自動お賽銭コーナー。
この横に設置してあったひと回り大きなお賽銭ボックスではお経と一緒に
聖水が噴出してきて思わずビックリ(笑)
確かにリアルにお清めしてもらう時ってハタキみたいなので聖水をパッパッてかけてくれるもんね。

ワット・タムスア



ワットタムスア

ワットタムスア






さてさて、天界へ旅立ったぱぱぁはと言えば

ワットタムスア

自己申告で300段近くまでは行ったそうな。
とりあえず無事の御帰還おめでとう( ̄▽ ̄)ぷくくくく



ここまで来てそろそろ夕方、日が陰りはじめたので
今日の宿を探すことにしましょう。
予約?
はい、当然しておりません。なにせ思いつきのいきあたりばったりですから(^ ^;)



こちら留守番組↓
留守番社長

     そうそう、気のせい気のせい。(笑)





~追記~

さっき夕食の買い出しに近所のナイトマーケットに出かけたら
ぱぱぁが「あ!皆既月食!」
あら、全然知りませんでした( ̄▽ ̄;)
いよいよ陰りはじめたその時、マーケットの駐車場でいっせいに柵を叩き始める警備の人たち。
「カン!カン!カン!カン!……」
????????
「あれよ」
通りがかりの女性が月を指します。
タイでの教えでは月食は不吉の象徴なのでこうして音をたてて
月を覆う影を追い払うのだそう。
チラホラと爆竹の音も聞こえてきます。
隠れる寸前の月を頑張って撮ってみたけどわたしの腕とコンデジでは
これが限界(- -;)

皆既月食 銅色 皆既月食 青白色

一瞬間を置いただけでこんなに色がちがう。
面白♪





こちらのランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ    人気ブログバナー

blogram投票ボタン

ランキング先のページが開くまでちょっと待ってね♪
ありがとうございます♪♪




関連記事

Posted on 19:18 [edit]

category: 旅行

thread: タイ・クラビ - janre: 海外情報

tb: 0   cm: 2

コメント

仏像・・・味付けが濃すぎ。。。
木とか石観てるような日本のとは随分違う
性悪に見えるのはいかんぞ(#^.^#)

URL | くろはち #-
2011/12/11 06:31 | edit

くろはち 様

性悪って…バチがあたりまっせ(笑)
基本極彩色に金ピカですもんねwww
造形もバリエーションに富んでるので
好き嫌いはともかく観てて飽きませんよ♪
気候のせいでしょうか、そういえば木の仏像ってみないなぁ。

URL | mam #2sQQXnjA
2011/12/11 15:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/310-6805145c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。