B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

幸せって何か考えてみた。  

今日はちょっと難しいお話。

人生の半分以上を猫や犬と暮してきました。
拾ったコもいたし、行き場のなくなった大人猫を譲り受けたことも。
そんな中でずっと抱えてきたモヤモヤについて書こうかと思います。
主に「野良」といわれるコたちについて。
あくまでわたしの私見で読まれる方によっては気分を害されることがあるかもしれません。
その時はどうかそのままページを閉じてください。
うまくことわれないけど、批判とかの気持ちではなく
こういう風に考える人間もいるってことで、ご勘弁を。


いつもお邪魔させていただいてるアフロしゃまのブログでこんな条例が紹介されていました。
神奈川県葉山町の飼育犬への取り組みと条例
この取り組みのベースは
葉山町は県下で犬の飼育率第一位、だけど「捨て犬ゼロ=殺処分ゼロ
人と犬とが気持ちよく一緒に暮らせる町づくりを目指そう

とあります。(サイト文より参照)
犬の飼い主に責任と自覚をもってもらい、飼い犬も飼い主も飼ってない人も
社会の中でお互いに心地良く暮らせるように必然と思われることを
うまくひとつの流れにして条例化しています。

特に目をひいたのが
「犬の飼い主免許制度」と「規則違反(常習)者に対し「飼育禁止」を言い渡せる制度の設置」

一緒に暮らす生命はぬいぐるみじゃない。
ゴハンも食べれば、うんPもチッコもする。
上手くできないこともあるだろうし、反抗することだってある。
思わぬことで元気がなくなったり、その時には人間よりお金がかかったりする。
飼い主よりずっと早い時間の流れで年をとっていく。

そういうことを全部覚悟した上で家族として迎える…
そうであれば「こんなはずじゃなかった」と捨てられるコたちがグッと減ることと思う。
そういうことに貸す耳を持たない人間には飼う行為そのものを禁ずる。
さらにもっともっと捨てられる機会を減らせる。


無宿猫

以前記事にも書いたのですが  →
日本に居た時は、自分が責任を持てないなら野良猫にゴハンをあげてはダメって
エサやりさんを横目に見ながら自分を戒めていて…
こちらに来て庭に出入りするイケツンや無宿猫に乞われるままにゴハンをあげるのにも
どこか迷いながらでした。
タイのお国柄で野良犬にも野良猫にも寛容で…
寛容すぎて飼い犬や飼い猫が野良と変わらないところもありますが。
それでも同じ人間、犬や猫を嫌いな人ももちろんいます。
その中で飼い主のひとりとして周囲の人に迷惑をかけず快くいてもらえるよう努力するのが務めだと思っています。
当ブログでもご近所の迷惑飼い主などについてこぼしたことが何度かありましたが
飼い主がいる=飼い主が管理するべきこと・始末するべきことは飼い主がして当然のこと
なので不快に思うし、腹もたつのですよ。
じゃあ、「野良」は?
家の真前にうんPをされても、ゴミを漁られても躾をする飼い主がいないのだからしょうがない。。。
犬や猫に人間の社会のルールを守れっていうのがそもそも無理。
そして捨て犬や捨て猫を増やしてるのは人間。


最近日本の一部地域で「地域猫」という取り組みがあります。
野良ではあるけれど捕獲・避妊をすることで数を増やさず地域住民に受け入れてもらう。
人間の生活エリアがどうしても密集してしまうので仕方のないことだとは思うのですが
とにもかくにも捕獲して避妊をする…そこが何となくひっかかってしまいます。
危険の多い世界に野良として生まれる可哀そうなコを増やさないためにと。

縁があって心ある飼い主さんと結ばれる、とても素敵なことだし幸せなこと。
安心して眠れる家、お腹いっぱいのゴハン、あたたかい愛情。
でも、そういう縁に恵まれないコが果たして不幸なのか。
野良として生きる猫たちの中には先祖代々野良ってコもいるはず。
好きな時に好きな場所でひなたぼっこ。
思いきり駆け回りアスレチック。
身の周り全てが大きな学校。

今年の8月に我が家の天井で野良猫のイケツンが仔猫を産みました。
保護するつもりで部屋に降ろした仔猫たちを探すイケツン母の声に保護をあきらめました。



以前紹介したこの動画の中よりもっと切ない声で探すんです。

母として生きる幸せ。
子供たちを育てる幸せ。
母さんに包まれてオッパイにむしゃぶりつく幸せ。

怪獣

実現することは不可能でしょうが
今いる世代を全て避妊させて街角に1匹も猫の姿が無くなったら…
家猫しか存在しなくなったら…
猫好きとしては想像したくない世界です。

言葉足らずで不快に思われた方、ごめんなさい。
猫を取り巻く環境を少しでも良くしようと活動しておられる方々を
とても素晴らしいと思います。
そして現状として出来る方法のひとつが捕獲・避妊というのも理解しています。
けれど、増え続ける捨て犬や捨て猫を減らすのは
やはり捨てさせない捨てる前に飼わせないなのだと思います。
そういった面で先の葉山町の取り組みは犬が対象ではあるけれどとても建設的だと思ったわけです。

家族でゴハン


ここタイではペット後進国と呼ばれる日本よりもっと厳しい状況です。
法的威力のない条例はあってないようなもの。
けれど条例をふりかざしてただ意識の改善を迫るよりも
飼い主とその周囲の社会、お互いに何が迷惑となるのか、そのための解決策としての提案
そんな形で具体的に伝えたほうが心に届くのではないかな…と。
条例としてじゃなくても、個人としても充分出来ることが示してあります。


母猫仔猫


生命の長さだけが幸せの尺度では無く
温かく飼い主さんに守られるコも
外の世界を謳歌するコも
その生きる時間がキラキラに輝けることが「幸せ」なのではないかと。
その「幸せ」をこそ守ってあげたい。。。。




こちらのランキングに参加しています。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ    人気ブログバナー

blogram投票ボタン

ランキング先のページが開くまでちょっと待ってね♪
ありがとうございます♪♪

関連記事

Posted on 01:29 [edit]

category: お絵かき

thread: 猫と暮らす - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

コメント

こんばんは♪
葉山町の取り組みが全国に広まって行けばいいな~と思っています。
フリーランの利用条件もイギリスは普通に皆がしている基本的なこと。
どこの国であっても犬と人間がお互い快適に暮らして行くには必要なことですから♪

日本の野良猫の問題は実際自分の目で見ていないので分からないのですが、南イタリアで見た野良猫たちは幸せそうでした。
ご飯は近所の人たちが与えています。
お腹を空かせていればご飯を与えなければ生きて行く事は出来ません。

イギリスは野良猫は見かけないけれど、飼い猫が外をお散歩しています。
彼らも幸せそうです☆

URL | うのまま #-
2011/12/19 03:59 | edit

うのまま 様

本当にそう思います。
とても当たり前のことを条例という形ではあるけれど
はっきりとわかりやすく示してあって
すごく良いと思いました。

しばらくあちこちのサイトで「可哀そうな外猫のために避妊をさせなきゃ」
といった表現が目にはいってきてまして
結構悶々としてました。
人間の都合で外暮らしをするようになったコだとしても
だったらなおさら人間の方を教育すべき。
その生命のサジ加減に人間が手を加えるのは
やっぱり違う気がするのです。
幸せか幸せじゃないのか誰にも線引きはできないと思うし。。。
そんなところで頂いた情報だったので
とても胸がすく思いでした。

こういった思いがどんどん広がって
みんなが本当の意味で幸せになれたら…と願っています。

URL | mam #2sQQXnjA
2011/12/19 20:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/313-e7b0bbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。