B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

海外旅行、正しいツアー会社の選び方。  

6月に入りましたね。
唐突ですが夏休み、お盆休みの旅行計画を
そろそろ立て始めてる方いらっしゃるかな?
仮にも観光リゾートに住み、ぱぱぁもガイドを生業としているので
今日はちょっと猫ブログを離れて、僭越ながら海外ツアーについてアドバイスなど。

旅行会社の選び方


ツアーの予約開始はだいたい出発日予定日から約3か月前。
人気のツアーや条件の良いツアーは早めに予約をいれないと希望のものがとれないこともしばしば。
いろんなパンフレットを首っ引きにして、アレもいいけどコレも捨てがたい…
そんな時はキャンセル料がかかる前なら候補のものを複数予約するのも有り。
(キャンセル料が発生する期間、予約金の返却の有無は要確認の上で)
そこでじっくり検討をして一つに絞ったら、不要になったツアーを早々にキャンセル…

でも、ちょっと待って。
安全で楽しい旅行にするのにもうひと手間。
選んだツアーの開催会社は本当に任せて大丈夫?

日本の窓口業務の担当者は結構現地のことを知らないものです。
中には実質的に無理な予定を組んだり、実際には知らないことを適当に答えたり…
それをそのままブッキングとして現地支社なり代理店などに送ってきて
いざツアーが始まって乗り継ぎが間に合わなかったり現地で不要な料金を請求されたり
そんなトラブルが実際にあります。
まぁ、日本が出発点であらゆるところへのツアーを取り扱うわけですから
全部を把握するのは無理なこと。
とすると、現地受け入れ担当がきちんとチェックをして
取り次いでフォローしてくれればいいんですけど
普通のパッケージツアーのブッキングだと
現地オペレーターが機械的に処理していたりするので
実際に問題が発生するまでわからなかったり。
それもまぁ、百歩譲って、ツアーが混み合っているときは手が回らないこともあるとして
でも、問題が発生したら早急に解決してほしいですよね。
そこに現地に日本人スタッフを置く意義があると思うのですが
あろうことか、言語能力が充分でなかったりなどの能力不足で
問題が起きている現地関係者とのコミュニケーションが取れず
解決はおろかお客さんに不利な状況にもちこんでしまう残念な会社もあるのです。
わたしの知っているところでは、かなりメジャーな企業ながら
支店責任者を筆頭に赴任期間が1、2年と短く現地事情に疎いうえに
タイ語が殆ど使えない…とかね。
コミュニケーションが取れないから、自分は殆ど動かずネイティブのスタッフに指示して
オロオロするだけ、そんな日本人スタッフしかいなかったら
たとえば事故や病気、災害などの深刻なトラブルが起きたとき
…どうします?

プロムテープ岬のサンセット


そんなツアー会社に大切なツアーを任せてしまわないよう
ツアーを選ぶ最終段階までにやっておいた方が良いこと。
現地の受け入れ先の対応を知ることです。
現代ではたいがいの海外支店でブログやFacebookページなどを持っています。
そこへツアーへの疑問や知りたい現地情報などを直接メールで問い合わせましょう。
顧客へのフォローが行き届いているところならレスポンスも素早いです。
確認に時間がかかる件でも先にその旨連絡をしてくれます。
逆に問い合わせを受けたのかすらわからないような会社は…
現地での対応もその程度です。
また、「受け付けました」から回答までの時間が長いところは
先に挙げた自分で動ける能力がない可能性が高いことも考えられるので
考えた方がいいですね。

バナナの花


以上が事前にツアー会社を知る方法。
一方で、もうツアー決定してしまった方。
どんなダメダメなツアー会社だったとしても、まだまだなんとかなる方法。
ツアー開始したら何事もなく終わることを祈りましょう(-m-)
いやいや、そうじゃなくて(笑)
依頼したツアーと現地での行き違いがあった時、その場で解決を求めましょう。
ここ一番大事。
ホテルのチェックイン時、予約の部屋タイプが違うなどのトラブルなら
ガイドがその場で解決できることが殆どですが
手配内容とあまりに違う、納得できないなどの問題が発生したら
直接日本人スタッフに連絡を取って解決を求めましょう。
あなたの不満を日本語で確実に聞いてもらいましょう。
そのための日本人スタッフです。
遠慮をして一旦諦めて、帰国してからクレームを入れても
たいてい納得いく結果は得られません。
苦情や問題は必ずその場で解決、が鉄則。
日本人スタッフにフルに仕事してもらいましょう。
(他の国は知りませんが、プーケットではネイティブのスタッフより忙しくしてるの殆どみない
…なんて書くと嫌われるんだろうなぁ、苦笑。勿論全部の会社とはいいません。)

その上で、残念なスタッフにしかあたらなかったら。
そのスタッフの処理能力はそこまででしかないのでそれ以上を望むのは無理。
不本意ではありますがそこは抑えて残りの旅行を楽しむことに気力を注ぎ
帰国してからJATA(日本旅行業協会)を通してクレームを申し立てましょう。

ここまで来てしまうともう楽しい旅行ではなくなってしまってますよね…(T_T)

なのでツアーを決めるまでの準備段階がとても大事。
企業の大小を問わず、商品説明が足りなかったり
キャンセル条件などの重要事項がわかりにくかったり
そういうところは出来るだけ避けることです。
悪質なところでは安さをウリにしながら不明瞭な表記で更に追加料金を取ろうとしたり
そこからキャンセルに発展するのを見越してキャンセル料で利益を上げている
という企業も見聞きしています。

旅行会社の選び方

これから海外旅行を計画している方、
是非是非、安心して楽しめる旅行をしていただきたいです。
キャンセル料金が発生するのは出発日より1か月前というのが多いと思います。
(旅行条件によってそれより早かったりもするので要確認!)
まだ時間に余裕のあるこの時期、今一度見直しをしてみてはいかがでしょうか。


長い記事にお付き合いいただきありがとうございました。
すべての旅人に
Have a nice trip
Bon Voyage
Gute Reise
祝你旅行愉快
Buon viaggio
เดินทางสวัสดิภาพนะค่ะ
良い旅を!




我が家の毛むくじゃらたちに愛のクリックをw 応援お願いしま~す♪

ブログ村バナー   ブログランキングバナー  
にほんブログ村 猫 海外生活 / 人気ブログランキング / FC2 Blog Ranking

♪♪ありがとうございます♪♪


別館の”ちび怪獣だGyao!”でカーオとダーオにも会いに来てね



唐突な趣の記事になりました。
実は先日まで振り回されていた元凶がこういった残念な日本人スタッフによるものでした。

何か問題発生したときに矢面に立たされるガイド。
問題解決にほど遠いのがわかっていてもこんなスタッフの指示に従わなければならず
お客さんとの板挟みに合わされて苦労させられるのはしょっちゅう。
そのくせ責任は丸投げされたりしてね。
解決が進まなくてお客さんから責められても、事務所の日本人が適切な対応を取れなければ
ガイドとしてはどうしようもないんです。
今回はその辺無茶苦茶で本当にえらい目にあいました。

そんなわけで、こういった会社にひっかからないように
今回記事にしました。
ツアー会社選び、是非とも慎重に。
関連記事

Posted on 03:48 [edit]

category: プーケット情報

thread: タイ・プーケット - janre: 海外情報

コメント

パチパチパチー
素晴らしい!ありがとうございす。海外旅行アドレス。とても参考になりました!
最近よく聞きますね〜。某調激安旅行ツアー会社の耳を疑う様な話。全てがそうでは無い事と思いますが、自分がその悲惨なツアーに当たってしまったらと考えると、やっぱり避けますね、その会社。
旅行は楽しく、良い思い出のみを残さなくては

URL | Daviママ #-
2013/06/02 19:40 | edit

Daviママ さま

充分な研修もなくとにかく数字を追うだけ、というのを聞きますね。
それでは対人間の仕事をしてる自覚が育つわけありません。
現地との橋渡しとならなければいけないのに、そのコミュニケーションに欠けて
事務所の中でだけ日本を振りかざしてるような人間ではねぇ。
安心して楽しく過ごすためにもしっかりしたツアー会社選び、慎重にしたいですw

URL | mam #-
2013/06/03 00:27 | edit

アドバイスどうもありがとうございました。
タイのような、英語圏でない国はどうしてもガイドさんが重要な役割を果たしますよね。
「顧客へのフォローが行き届いているところならレスポンスも素早い」というのは的確なアドバイスですよね。ほんとそうだと思います。

自分の責任を人に押し付けるとは困りますね。
ツアーを選ぶ時には気をつけようと思いました。

URL | まかない #-
2013/06/03 10:10 | edit

まかない さま

ぱぱぁと結婚して長いことこの業界を見てきまましたが
ツアー会社に限らずホテルやオプショナルツアーの主催会社などでも同じで
やっぱりきちんとしているところは対応が早いんですよ。
で、そのレスポンスをとるためには現地側に踏み込んだ立ち回りが必要になるわけで…
今回の件では支店責任者はタイ語をまるで使うことが出来ず、
重ねてきた話し合いは全て日本語でのやりとり
(ぱぱぁは勿論タイ人ですが相手が話せないんじゃ合わせるしかないですし)
関係者には現地会社も入ってたのにそんな状態で突っ込んだやり取りなんか
できるわけないじゃないですか。
企業体質として国内外問わずスタッフの入れ替わりが激しい会社らしいので
お客さんと変わらないレベルの滞在経験では旅行任せるのはこわいなぁwと。
ガイドの立場からしてもたまりませんしね。

慣れない土地で頼りにするならしっかりとスタッフが機能している会社がいいです。
楽しい旅行へのお役に立てる情報となれば幸いです。

URL | mam #-
2013/06/04 11:04 | edit

ふふふ

先日のフランス旅行
最後の最後で 現地スタッフのおおらかさで 某ISの方 ガンギレでしたw

まー たいしたミスではないけれど 日本では考えられないアクシデントがw

URL | にあ #-
2013/06/04 20:03 | edit

にあ さま

おフランスは初めての海外旅行先だったので
懐かしさいっぱいで楽しみに拝見させていただいてます♪
日本では考えられないアクシデント…なんでしょうwww????

某ISの方(?)は代理店の方?
ケースバイケースだと思いますが
一応その代理店が選択して契約している以上共同責任ですから、
キレるだけじゃなくちゃんとミスに対してのフォローの方もしてくれたんでしょうか?
サービスする側の内輪揉めをお客さんに見せちゃうのはどうなのかなぁ。
ここでミスしたスタッフを責めてみせて保身に回るか
文句言いながらもちゃかちゃか解決に向かって行動するかで
その会社や支店のレベルが見えるところですね。

URL | mam #-
2013/06/06 01:02 | edit

なるほどね~^^
嗚呼・・・1泊が限度な現状では 広島県内すら脱出できない私には 貧しすぎる(普通に打ち間違えて・・・・涙)眩しすぎる・・・(--;

でも 海外って ただでさえ 不安材料あるから しっかりとした会社で頼みたいですよね~^^
キムノブおじたんは バブル期に 会社の経費で『研修』やらで海外に何度も行ってましたが(今では考えられん時代があったのね・・・・) やはり 現地のガイドさんで 全然違ってた~って言うてましたね~もう 当分県外すら 旅行できない身の上ですが・・・・・^^;

URL | 花あじさい #-
2013/06/06 07:23 | edit

お勉強になるアップ!ありがとです!

おはよーございまぁ〜すっ!

ちょっち、生地の内容とは、違いますが…
旅行会社つながりで…

さっき、朝の情報番組で、
添乗員さんに、現地空港に置いてけぼりをくらったお客様が、
訴えを起こしたというニュースを放送していました。
ナニやら、ランダムに手荷物検査を受けたお客様が、飛行機に乗り遅れたらしく、
添乗員さんに…
「飛び立つのでもう(飛行機には)乗れません。頑張って帰って来て下さい。」と言われたらしい!^^;;;
(「頑張って帰って来て下さい」で、ニュース検索出来ます!)

ツアーっちゅーのは、バックパッカーと違って、
トーシロが、完全旅行会社さま頼りで行くものですから、
ちゃんと責任を持って仕事して欲しいものですよね〜!

今回のmamさまのアップは、とてもお勉強になりました!
ありがとです!

URL | ぽんっ! #CytWFBJ2
2013/06/06 07:50 | edit

花あじさい さま

打ち間違えが切ない…(笑)
うちもチビたち抱えて今は日帰りしかできないよwww(T▽T)

ガイドも色々いますしねぇ。
経験が長いほど臨機応変に動けるのは基本ですが
手配や表に出ないフォローなど旅の裏方との連帯がうまくいってこそです。
一方が現場に丸投げでは…
ランドオペレーター(現地手配)とは日本の支店をただ持ってくるだけではなく
現地側との信頼関係を築きフィフティ&フィフティで共存できる能力がないと
機能しているとは言えませんよね。
企業の体質とはいえ、そういう責任能力を持つスタッフがいないところはやっぱり…。
せっかくの旅行を、何か起きたら運まかせなんてギャンブルにはしたくないですものね。

URL | mam #-
2013/06/07 10:24 | edit

ぽんっ! さま

検索してみましたw
うはぁ~~~~~、驚…(@ @;)

乗れなかったお客さんの荷物を降ろすアナウンスがあったところで
添乗員が初めて気がついたとのことですが
機内に乗り込んだ時に点呼とってなかったんでしょうか???
地上係員に待って欲しい交渉をできるだけの英語力がなかったとしても(これも相当イタイ話ですが)
離陸までの間に手早く現地代理店に事情を話してフォローを依頼することくらい
出来そうなものなのに。
何のフォローもなしに言葉も通じないところに放置して
「頑張って帰って来て下さい」は無いです、やっぱり。(-_-;)
ネット上では色々意見が上がってるみたいですが
やっぱり本社側の反応、あれはイカンですww
旅行約款という伝家の宝刀は諸刃の刃ですからね、使い方を間違えると。
こういう会社は社員気質も、いざとなったら会社が守ってくれるからと
仕事に対して責任意識が薄い傾向がみられるようです。
その辺を事前にチェックしてみる今回の方法、
いらぬトラブルを回避できるお役にたてると嬉しいです。

URL | mam #-
2013/06/07 10:57 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/529-0748f058
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。