B-jo と おやじ猫の南風的極楽生活

★南の島プーケットでセカンドライフ,アメショ日本男子vsかしまし3B-jo★

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ときどきの殿様。  

※前回記事で皆さんからいただいたコメントへのお返事、記事後半に記しています。
考え始めたら、なかなかに難しいやね…※

賃貸にだしてるコンドミニアムの修繕箇所の作業待ちをしている間に
ゴロンと寝転がってみた窓の外の風景。

コンド窓の外

隣の空き地に牛が放牧されていました。
seaviewではないけどベッドからモービューを楽しめる物件です。
スーツケースひとつでそのまま南の島生活はじめられます♪
ただ今絶賛入居者募集中ww

コンド窓の外

あ、目があっちゃった(笑)


けっこういい天気だったのに帰宅した途端もの凄い雷鳴と雨。
雨季に入ってこういう極端な天気が続きます。
あまりの音の激しさにPCの上に集団避難するタイ娘たち。
身づくろいしてたカーオ、舌をだしたまま固まる。

雷に固まる

雷に固まる


その頃、うちの中でも嵐が吹き荒れており。

犬も食わないっていうアレですよ。
原因は…なんだったかな… ←オイオイ
ああ、そうそう、今回のタイで起こったクーデターを受けての
アメリカからの経済制裁についてだった←おおっ、社会派なテーマ
タイの天然資源をめぐって密かに現政府とアメリカが蜜月関係を築いているって噂が一部で流れてて、
”このままオシャカになるのを黙ってられなくて脅しをかけてるに違いない”
そう熱く語るぱぱぁに、
”いやいや、一般認識上クーデターって聞こえが悪いので民主主義代表としてのデモンストレーションでしょ”
と一蹴したのが面白くなかったらしくてぶんむくれ。

まぁ、この会話の前にすでに戦闘態勢には入ってたのよね。
食事の支度を終えていざ食卓につくと
「あ~、口直しの生野菜欲しいなぁ、出して」
 (ムっ、自分で出してきなさいよぉ、もう)
席を立って生野菜を用意、着席。
「今日のラープ、ちょっと一味足りない気がするんだよねぇ
あ、煎り米が足りないのかも。もっと足してみて」
(ムムッ、…ま、たしかに一味足りないのは認める。仕方ない)
席を立って煎り米を追加、キッチンに戻って片づけて着席。
「んー、まだ足んない。そうだ、粉唐辛子もっと入れた方が良いよ。それも足して」
この時点でぱぱぁは食べ終わりに近い状態であり
おそらく味を調整しても殆ど食べないのは容易に予想され。
「一度に言わんかいワレェ!何度も何度も食事中に席を立たすんじゃねぇwww!!!」
ほんと、こうやって書くと恥ずかしいくらいアホくさいことがきっかけで
棘々した空気を呼んでたのでした ←発火地点はそこかい(^_^;)

わが家には時々、殿様が現れる。
↑みたいな感じで(笑)
ただね、タイは女系家族でおかーちゃんがめっちゃ強い。
うちもありがたくそれを踏襲させてもらっているので
”殿様”の君臨する時間はそう長くなく。
でも、腹の虫がおさまらない殿様、今回は反撃に出ましたよ、キッチンで。

何やらガーガー音がしてたと思ったらドヤ顔のぱぱぁ登場。
「ハッハッハー、やってやったもんねwww」
何を????
「ピーナッツ、ミキサーにかけてやった!どうだ!」
はいぃ???
テーブルの上をみるとお茶請けに置いといた塩煎りピーナツ大袋がすっからかんの空き袋に。
どうやらおさまらない感情をピーナツにぶつけて解消してたらしい(-_-;)
けっこうたくさんあったのに、そんなにたくさんどうするのよ!といったら
料理で使えばいいって…それだけの量を何に消費するのさ (`з´)
(どうせやりっぱなしで片づけてないんだろうな、余計な仕事増やしてぇ)
「使ったミキサーはっ?(`・ω・´)」 「洗いカゴの中」
「すったピーナッツはっ?(`・ω・´)」 「冷蔵庫の中」

殿様の所業

ぱぱぁの手による冷蔵庫の中、きちんとラップして置かれたピーナッツ。
普段洗い物もしないし、ラップなんてかけたことない。
脱力…(笑)
んで、この粉砕ピーナッツを消費するレシピを検索するわたし。
今日もわが家は平和です。

それにしてもどうすんのよね、これ。
丼一杯分。

塩ピーの運命



外の嵐にも中の嵐にも全く動じない
この方が真の殿様でしょうな(爆)

雷に爆睡



さてさて、前回記事へのコメントのお返事。
コメント欄でも書きましたが日本での報道とこちらでの状況にけっこう温度差があるのではと思い
日本の報道をざっくり見てみました。
皆さんが触れるのはテレビ報道が多いのかなと考え各テレビ局のニュースクリップを閲覧。
…うむむ、確かにものものしい様子ですな。
で、実際のところどうなのかというと軍は国民に銃を向けているわけではありません。
半年にわたった一部駄々っ子たちの膠着状態、
一般市民をまきこんでのテロ行為などがやまず
これ以上の被害を広げないために土俵に行司があがって待ったをかけた、
時に内戦にまで及ぶ他国でのクーデターとは色合いが違います。
街で警備につく兵士のイケメンを見つけて特集する軟派な企画があったり
一緒に記念撮影をせがむ女子やおネー様方なんかも。
>>タイの街角インタビュー見たら「なんなんやこいつら?」
ってくらい緊張感なくて別の意味で心配したwwwww
そう、くろはち師匠、そのインタビューの様子が正解です(笑)

先のクーデターの時はわたしも日本にいて
ずいぶんアワアワしてタイの家族の安否を即行電話で確かめたところ
「ぜんぜん普通に生活してるから大丈夫~」と呑気に近況報告などをしあって
なんとも腑に落ちない感じだったのですが
今回国内でこの状況を迎えて、ああなるほど、と。
舞台であるバンコクの様子は
当地のブログサイトなどで読んでいただくのが最適だと思いますが
こちらプーケットでは、夜間外出禁止令で行動が制限されている以外は
殆ど日常に変わりありません。
日本での報道で気になったのは
クーデター→市民の抗議行動 ≒ 軍隊と市民の対立
みたいな構図を色濃くだしていたクリップ。
選挙による市民の声を優先せよと抗議行動をおこしているのは
一部の現政府擁護派(選挙でなら票多数で有利)であって
一般市民を代表する声とは違います。
報道を組む時の先入観なんだろうなぁ。
クーデター=弾圧、民主主義の危機、市民の抵抗…みたいな。

タイ語の名前の読み方って難しいんですけども、
かなり多くのメディアが関係者の名前を正しく表記してなかったりして
どこまで現地で情報を収集して検証しているのかも疑問。
そんな情報が世界的に報道として流されるんですよね。
軍部が出てきたということで各国から批判の声があがっていますが
それぞれが持つクーデターという言葉のイメージと
タイのお国柄がもつそれとはけっこう隔たりがある気が…。
記事前半のケンカ。
ぱぱぁはタイ以外の国が危機感を抱く理由がわからず
わたしはタイ以外の一般的認識からの反応と捉え
その感覚のすれ違いが起こしたもの。

とりあえず平和です。
大きな騒ぎとなったこの後、また同じ轍を踏まぬよう
ぜひとも良い方向へ改善をしてもらいたいものです。
対外的にかかえたイメージを払拭するためにも
市民が安心して暮らせるためにも。

長い記事にお付き合いくださってありがとうございました。






我が家の毛むくじゃらたちに愛のクリックをw 応援お願いしま~す♪

ブログ村バナー   ブログランキングバナー  
にほんブログ村 猫 海外生活 / 人気ブログランキング / FC2 Blog Ranking

♪♪ありがとうございます♪♪


関連記事

Posted on 21:28 [edit]

category: 家族

tb: 0   cm: 4

コメント

ははははは
犬も食わぬっていうか、
オチがピーナッツってwww
ちなみにタイのクーデターは実は全然心配してなかったw
日常茶飯事っぽくない?タイのクーデター(言い過ぎ?
とりあえず国王が出てきたらだいたいおしまい。
みたいな...??
ピーナッツは胡麻ペースト的に使うと美味しいかも。
坦々麺みたいなのとかさ♪

URL | anemone #BqnDghAE
2014/05/27 21:38 | edit

コメントお返事です

★anemoneさま★
そうそう、ほぼ図式が出来上がってる感じ(苦笑)
でもさすがに要の国王陛下がご高齢で健康状態も芳しくないので
今後はこの図式も難しくなりそうですねぇ。
担々麺wwさっそくレシピぐぐって買い物行って来た(笑)
ありがとwwwww

URL | mam #-
2014/05/29 21:04 | edit

コンドから見える景色、なんか結構車も走ってるようですが、モもいるんですね(笑)。

タイの件は、すごいことのようでないようで本当によかったです。
私の聴いてたニュースでは、現地にいる日本人のライターの人が
大丈夫ですとは言っておられましたが、まあ地方にもよるでしょうし。
無事というのを知ってほんとよかった。

アメリカってクーデターを支援してはならないとかいう法律なのか決まりがあるようで、シリアの時も対応に困ってたようです(支援したかった方がクーデターだったので)。でもおもしろいのは、そういう場合は、意地でもクーデターといわないのです(笑)。
今のアメリカは今までよりも外交音痴。
きっとタイで何が起こってるのか、よく分かってないとか?

URL | まかない #-
2014/06/02 09:55 | edit

コメントお返事です

★まかないさま★
不定期ですがモいます(笑)。
実際にデモ隊が衝突したりテロ行為があったりしたのはごく一部の地域で、それ以外の地域ではまず普通の生活を送れていました。
バンコクに住む姉兄も特に危険を感じてはいなかったようです。
軍が出てきてからも変わっていません。
むしろ、南部の県(プーケット除く)の方が爆弾テロや銃撃テロの脅威に不安を抱えているようです。
これはこれで根深い問題を抱えているので…。

>>シリアの時も対応に困ってたようです(支援したかった方がクーデターだったので)。でもおもしろいのは、そういう場合は、意地でもクーデターといわないのです(笑)。
捉え方のマジックですね。
こういう形でしか事態の収拾をつけられないタイもまぁアレなんですが(苦笑)
外交的にも報道的にも思っている以上に情報の伝達が機能していないんだなと感じました。
常駐して情報収集している人間がいるはずなのに上っ面だけの情報で色々物事が動いてしまうのは怖いことです。。。

URL | mam #-
2014/06/07 01:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mamcat.blog.fc2.com/tb.php/578-c614ac1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ランキング参加してま~す★

★役員名簿★

★ゆるゆる営業中★

★社長にまつわるエトセトラ★

★道具箱★

★愛蔵書★

★最新記事★

★最新コメント★

★社長の寝言★

★おねだり、おねだり♪★

★当社ルール★

★月別アーカイブ★

★カテゴリ★

★FC2カウンター★

★おじゃま先リンク★

★QRコード★

★プーケットなう★

★目指せ大黒柱!★

★餅餅倶楽部★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。